緑内障の症例

症例(1)40代女性 Kさん

<初診日>  平成25年2月20日

<主訴>緑内障

12年前に左眼網膜剥離(先天性)と診断され、手術。

退院後、再剥離したため再手術。

再手術の際、水晶体摘出。

6年前に角膜の細胞数が減っている為、人工レンズをいれる手術。

以降定期的に、視野、眼圧検査。

点眼薬使用中。

<治療経過>

<1回目>

治療経過は分からない。見え方は特に変わりない。

<2回目>

特に変わりなし。

<3回目>

白内障の手術をする事になった。眼圧がいつも16~18mmHgの範囲だったのが、今回の検査では14mmHgだった。

 

<まとめ>

正常の眼圧は10mmHg ~12mmHgと言われています。緑内障は、目の眼圧で視神経が傷つき、視野が狭くなっていく病気で、途中失明の原因の第1位と、大変恐い病気です。Kさんは治療を週に1回続けています。正常範囲まで、あと少しです。