アトピー性皮膚炎の症例

●症例(2) 小学生男の子 Kくん

〈初診日〉平成22年1月16日
〈主訴〉
 全身のかゆみ

2~3歳くらいからあり、今は特に頭がかゆい。
その他、腕・足・陰部にかゆみがある。
先週までは顔もかゆみがひどく、真っ赤だったが今は少し落ち着いてきている。
卵・ハウスダスト(ダニ)にアレルギーがある。 アイスクリームが好き。
便はだいたい毎日出るが、少し硬い。 腹診をすると、お腹全体に圧痛がある。

〈治療経過〉
〈1回目〉
変わりなし。

〈3回目〉
治療後、かゆみが少し強く出る気がする。体全身にかゆみはあるが、顔と頭のかゆみが強い。
甘い物を食べるとかゆみが増す。

〈5回目〉
漢方の併用開始。少し赤みが落ち着き、寝ている時のかゆみも落ち着いた様にある。
ご飯のあと、体が温まるせいかかゆみが強い。

〈7回目〉
頭のかゆみが落ち着いている。足は少し強い。

〈9回目〉
2~3日前から頭のかゆみが少し強い。便が毎日出ていない。

〈12回目〉
学校が始まってからかゆみがまた出始めた。足・手・陰部のかゆみが少し強い。

〈13回目〉
かゆみが少し落ち着いた。便秘気味なのはあまり変わらない。

〈19回目〉
調子はまあまあ。背中にかゆみがある。

〈24回目〉
かゆみはまだあるが、肌は初めと比べるときれいになってきている。便はまだ毎日出ない。

〈27回目〉
その日によってかゆいところが変わるが、腕・足がかゆい。寝るとかゆみが出る。
顔や頭は最近かゆくない。

〈35回目〉
特別変わった事はない。

〈まとめ〉
全身にかゆみがあり、来院当初は皮膚が赤かった。
治療していくにつれだんだんと肌はきれいになっていたが、かゆみがなかなか取りきれない。
学校で児童クラブに入っており、そこでお菓子を食べているようで、かゆみを誘発してしまうのだと思われる。
生活指導までは出来るが、そこを変えるにはなかなか難しい。

●症例(1) 3歳女の子 Yちゃん

〈初診日〉平成22年4月22日
〈主訴〉
アトピー性皮膚炎

両手首、耳の後ろ、頬、背中など、夜寝るときによくかいている。
卵・牛乳などにアレルギーあり。
手足が時々冷たい。

〈治療経過〉
〈1回目〉
あまり変わらない。

〈2回目〉
治療後、調子がよかった。今朝からまた顔と耳の後ろに湿疹が出来ている。(治療後、約2週間後に来院)

〈3回目〉
治療後、2~3日は首・腕のかゆみが強く、夜寝れてなかった。昨日から落ち着いている。

〈4回目〉
治療後、その日の夜に背中が赤く発赤し、後頭部をすごくかいていた。翌日は全体的に引いていた。

〈5回目〉
かゆみがだいぶ落ち着いてきた。

〈8回目〉
調子はだいぶ良くなってきた。首と頭をまだかいている。

〈12回目〉
調子はいい。時々かゆみが出ているが落ち着いている。

〈まとめ〉
アトピー性皮膚炎は、治っていく過程で一時かゆみが強く出る事が多い。
この子も、その為に途中かゆみが強く出たのだろう。
生活上のアドバイスや養生法なども伝え、現在はかゆみは気にならないようで、肌もきれいになっている。
時々かいている事があるみたいだが、それほどひどくはなさそう。
現在は風邪などで体調を崩した時やかゆみが出た時に治療に来られている。

●症例(3) 20代男性 Mさん

<初診日>平成23年11月29日
<主訴>アトピー性皮膚炎

小児アトピーからずっと続いている。
全身に湿疹があり、最近は乾燥のためかゆみも強い。
飲み薬、塗り薬はその時はいいがその後悪くなったりの繰り返し。
便秘もあり足に冷えを感じる。

<治療経過>
<1回目>
かゆみは変わりなかったが背中やお腹の乾燥が軽く肌にツヤがあった。
足が2、3日温かかった。

<2回目>
漢方との併用開始。

かゆみは夜ひどくなる。
便通が良くなってきている。

<5回目>
かゆみが少し落ち着く日がある。

<7回目>
治療した後は調子がいい。
その後、少しかゆみがでるが落ち着く。

<9回目>
かゆみが少し楽になった。
便通がよくなった。

<13回目>
かゆみは完全に取れたわけではないが、だいぶいい。
顔の赤みが少し引いている。

<16回目>
全体のかゆみは落ち着いている。
湿疹のところが少しかゆみがありかいてしまう。

<まとめ>
 少しずつかゆみも落ち着いてきている。
顔、お腹、背中の赤みがとても落ち着いている。
今でも月に3、4回来院されています。