イライラの症例

●症例(1) 30代女性 Sさん

〈初診日〉平成16年11月13日
〈主訴〉気分の不安定感

うつ気味で、不眠・イライラ感がある。気がつくと歯を食いしばっている。笑顔が出ない。
肩こり頭痛もあり、眠りが浅い。
睡眠薬を飲むと眠れるが、昼間もずっと眠気が残ってしまう。
◎病院ではうつの様なものとのことだった。
・既往歴:十二指腸潰瘍、盲腸、生理不順(昔)
冷え症、風邪を引きやすい、胃腸が弱い
・睡眠薬・胃薬・安定剤を3週間前から服用中

〈治療経過〉
〈1回目〉
治療後、だるさとフラフラ感があったが、夜薬を飲まなくても眠れた。イライラ感ンはおさまっていた。

〈2回目〉
1回目のあと程ではないが、治療後に少しだるさとフラつきがあった。睡眠薬を半錠だけ飲んだ。

〈4回目〉
だるさはだいぶ無くなった。食欲が少し出てきた。

〈7回目〉
体がだいぶ楽になった。

家の都合で来られなくなったが、治療してずいぶん体が楽になった、とお手紙を頂いた。