不正出血の症例

●症例(1) 30代女性 Tさん

〈初診日〉平成23年7月8日
〈主訴〉乳腺からの出血

5年くらい前から出血がある。病院では乳腺腫の一種と言われ、悪性のものではないと言われた。
時々、胸全体がしびれる感じがある。胸の真後ろの背中も同時に痛くなる。
荷物を右手で持ったり、持ち上げようとすると胸がズキンと痛い。

〈治療経過〉
〈1回目〉
治療後、胸が楽になった。
出血はまだあり、痛みが出てきている。

〈2回目〉
治療後は良かったが、昨日から出血量が増えている。胸と背中の痛みもある。
治療を始めてから、痛みはあるが少し我慢できるようになってきた。
20代の頃から生理がない。

〈6回目〉
治療後、痛みの変化はあまりなかった。しびれ感は範囲が少し狭くなった感じ。
胸の奥がモゾモゾっとかゆいような感じがある。今日は出血量が多い。

〈9回目〉
病院で検査をした。特に悪いところはなく、出血の原因はわからなかった。
昨日まで痛みが強かったので、背中の痛みもまだある。
今朝は出血量も多かった。

〈14回目〉
胸の出血量が減っている。生理が10年ぶりくらいに来た。腰が重い。

以後、治療継続中で経過観察中。