逆子の症例

●症例(1) 20代女性 Hさん〈初診日〉平成23年7月4日

〈主訴〉逆子。現在妊娠29週目。一人目の時も逆子で帝王切開をした。
逆子体操をしてもあまり効果なし。

〈治療経過〉
〈1回目〉治療後の検診で、逆子が治っていた。

〈2回目〉昨日34週目に入ったが、検診でまた逆子になっていた。出産予定日はあと約40日後。赤ちゃんは小さめで、今2000gくらい。

その後の連絡で、検診の結果逆子が再び治っていたとのことです。

●症例(2) 20代女性 Nさん〈初診日〉平成23年11月5日

〈主訴〉明日から32週に入る。28週くらいの時からずっと逆子。体操をしていたが治らない。
初産。現在赤ちゃんは1800gくらい。

〈治療経過〉
〈2回目〉治療後、体調は特に悪くない。次の検診は1週間後。その後、10日ほど経って連絡があり、検診で逆子が無事治っていたとご連絡を頂きました。

●症例(3) 30代女性 Sさん〈初診日〉平成24年3月16日

〈主訴逆子。現在35週目。30週ぐらいの時に逆子と分かった。
初産。現在赤ちゃんは2000gぐらい。1週間後に検診予定。
2月に入ってからずっとお腹が張っているので、安静にするように言われている。

〈治療経過〉
〈2回目〉治療後体調はとくに変わりない。

〈3回目〉検診で赤ちゃんは横向きになっていた。
36週目で現在は2200g。4日後の3月28日に逆子が治ってなかったら帝王切開と言われる。
お腹の張りが全然なくなった。それまでたくさん薬を飲んでいたが量が減った。

〈4回目〉返ったかどうか分からないが以前と体位が違う様な気がする。
お腹の張りは落ち着いて薬の量が減っている。

〈5回目〉お腹の張り、痛みはない。明日、3月28日の検診で帝王切開か決まる。

3月28日に連絡があり、無事逆子が治っていたとご連絡を頂きました。

●症例(4) 20代女性 Mさん〈初診日〉平成25年8月17日

〈主訴〉逆子
現在33週目で予定日は10月3日。初産。
8月の初めに病院の検査で逆子になっており、その前から頭が横にある感じはあった。
来週の土曜日が検診(8月24日)。赤ちゃんの大きさは約2000g。
胎動あり、よく動く。お腹はあまり張らない。

〈治療経過〉
〈1回目〉治療後、1週間後(34週目)の検診の日に電話があり無事逆子が治っていたと連絡頂きました。

●症例(5) 30代女性 Oさん〈初診日〉平成26年11月20日

〈主訴〉逆子。24週目。3人目の出産。

〈治療経過〉
〈1回目〉治療後、頭位に戻ったとの事。

〈2回目〉平成27年1月に入り、31週目で再び逆子に戻った。現在1300gで小さめな赤ちゃん。羊水が少ない。子宮頚管が短い為早く産まれるかもしれないとの診断。

〈3回目〉まだ戻ってないようだ。治療中は胎動を盛んに感じる。自宅施灸を頑張っておられる。

〈4回目〉32週目に突入した。触った感じがまだ頭位ではないように感じる。

32週目の検診、まだ逆子であった。お母さんの骨盤に、小さい赤ちゃんのお尻がすっぽりはまっている事が判明。羊水も少ない為、赤ちゃんがうまく回れないのではないか?と言われ帝王切開を勧められる。自宅施灸を続けるように伝える。

しかしその1週間後の33週目、無事逆子が戻ったと連絡いただきました。諦めずにお灸を続けて本当に良かったですね(^^)v

●症例(6) 30代女性 kさん〈初診日〉平成28年2月11日

〈主訴〉逆子。34週目。2人目の出産。産婦人科の助産師さんからの紹介でした。

〈治療経過〉
〈1回目〉赤ちゃんは2,060g。時々お腹が張るが、胎動は活発との事。
治療後、35週の検診で頭位に戻ったとの事でした(^0^)/