頻尿・排尿痛・残尿感・前立腺肥大・乏尿・膀胱炎の症例

症例(1) 40代男性 Nさん

〈初診日〉平成23年2月22日
〈主訴〉トイレが近い

ここ1年くらい、起きている時にトイレが近く、寒くなってきてそれが多くなった。
1日に8~10回くらいトイレに行く。
下半身が冷たい感覚がある。
飲み物はだいたい温かいお茶などで、食事の時に飲む程度。
お酒もだいたい温かい物を飲んでいる。

〈治療経過〉
〈1回目〉
治療後、トイレの回数が減った。

〈4回目〉
調子はまあまあだが、冷えるとまた近くなる。

〈9回目〉
調子は良い。

〈15回目〉
調子はまあまあ。雨で冷えた時に少し回数が増えた。

〈20回目〉
調子良い。
体調も普通。

〈25回目〉
足が冷えてる時は少し近いが、調子は良い。

〈35回目〉
トイレの近い感じは気にならなく、落ち着いている。
体調は普通。

*1年を通して1~2週に1回のペースで治療をしており、現在も定期的に来院中。

症例(2) 60代女性 Tさん

〈初診日〉平成23年11月14日
〈主訴〉
お腹・下腹部の痛み(膀胱炎)

3日くらい前から下腹部が痛い。
力が入らないような、触りたくなるような、お腹が痛くてついつい手がいく感じ。
今は排尿痛などはなく、お通じも普通にある。
病院で尿検査をしたが、結果がまだ出ていない。

〈治療経過〉
〈1回目〉
治療後、下腹部の調子がだいぶ良くなた。もう少し力が入らない。
下腹部のジクジクした痛みが和らいできた。

〈2回目〉
検査の結果、膀胱炎と言われた。
夜中に痛みで目が覚め、排尿痛がある。トイレが近い。
薬は飲んでない。

〈3回目〉
下腹部の痛みはなくなった。