肉離れ・筋肉のつりの症例

●症例(1) 80代女性 Mさん

〈初診日〉平成22年1月12日
〈主訴〉両足のつり

両足のすね、ふくらはぎ、左太ももの裏、右足首周囲の順番につり始めた。
2~3年前からつりは出ていたが、今日は特にひどくて耐えられないほどだった。
今は痛みが左ふくらはぎにある(つりはない)。寒い時期になると夜寝る時につる。
最近胃腸の調子が悪くあまりご飯を食べれない。

〈治療経過〉

〈1回目〉
治療後良かったが、夜お風呂に入る前に少し両すねがつった。
胃腸の調子はまだ良くなく、食欲もない。

〈2回目〉
治療後、夜に足を動かしていると右足首がつったが、すぐ治った。
食欲はあまりなく、胃が重苦しい感じ。空腹時の方がつらい。

〈3回目〉
治療後、昨日は足のつりがなかった。胃はまだ変わらない。

〈4回目〉
足のつりは出なくなった。胃の重苦しい感じもだいぶ楽になっている。

〈7回目〉
足のつりは出なくなった。胃の調子も良く、重苦しい感じもない。食後に少し胃がもたれる。

〈9回目〉
胃の調子は治療後良くなった。

●症例(2) T高校野球部2年生 Tくん

〈初診日〉平成22年4月1日
〈主訴〉左大腿四頭筋(太もも前面)の痛み

2か月以上前からあり、肉離れみたいな感じがひどくなってきた。

〈治療経過〉
〈1回目〉
治療後、だいぶ曲がるようになってきた。以前は触っても痛かったが、今はそんなに痛みがない。

〈2回目〉
だいぶ良く、痛みはあと半分くらい残る。ダッシュをすると痛い。

〈3回目〉
ほとんど良くなった。もう少し硬さが残る。

〈4回目〉
痛みはなくなった。練習で疲れると硬くなってくる。

〈5回目〉
調子良い。

●症例(3) O中学校2年生陸上部 短距離選手 Nさん

〈初診日〉平成23年7月11日
〈主訴〉
両大腿四頭筋(太ももの前)の痛み

1週間ほど前練習中に痛めた。歩くと足に張りがあり、走ると痛い。
左>右
約9ヶ月前にも1度痛めている。

〈治療経過〉
〈1回目〉
治療後、針をしたところがかゆくなったが翌日は大丈夫だった。
痛みが楽になり、歩く時の足の張りも楽になっている。

〈2回目〉
治療後かゆみは出なかった。だんだん良くなっている。

〈5回目〉
週末スパイクをはいて練習をしたら、練習後に張りが強くなった。(左>右)

〈6回目〉
思いっきり走ってみたが、痛みはなかった。

〈8回目〉
スパイクをはいてタータンで走ったが痛みはない。走った後に右側に張ってる感じがあった。

〈10回目〉
走り終わった後、昨日から右四頭筋が痛い。

〈12回目〉
調子は良くなった。

〈まとめ〉
1度痛めたところは再発を起こしやすいので、疲労を溜めないようにする事が大切。
ストレッチや、痛みが出る前に治療をしておくことが重要で、この子は治療後も定期的にメンテナンスをし、大きなケガに
つながらないよう調整をしてくれている。

●症例(4) 40代男性 Nさん 高校教員

〈初診日〉平成23年12月5日
〈主訴〉左ふくらはぎの肉離れ

12月3日にサッカーのシュート練習をテーマにしたゲームの練習中、足に野球ボールが当たったような衝撃が走った。
整形外科で「肉離れ」と診断された。
歩く・走るのに支障があり、週末サッカーの講習会で動けないと困る、とのことで来院。
・随伴症状
右ハムストリングの痛み:1週間前の練習中にピキッとなった。
本人は気づいてなかったが、内出血が激しい。

〈治療経過〉
〈1回目〉
治療後、だいぶ良くなった。
左ふくらはぎはあと3割、右ハムストリングはあと4割くらい残る。

〈2回目〉
だいぶ良くなった。