シンスプリントの症例

●症例(1) S中学校陸上部長距離選手 Nさん

〈初診日〉平成23年2月26日
〈主訴〉両下腿内側(ふくらはぎの内側)の痛み

右は約3週間、左は1ヶ月半前から痛い。病院でシンスプリントと診断された。
もともとバトミントンをしていたが、陸上部に変わった。
痛みはあるが、陸上の練習をずっと続けている。

〈治療経過〉
〈1回目〉
治療後少し良かったが、歩くとまだ痛い。

〈2回目〉
治療後まだ痛く、あまり変わらない。痛みはあるが練習をしている。

〈4回目〉
だいぶ良くなってきた。右はほとんど痛みはなく、左はまだ残る。

〈6回目〉
痛みはなくなった。

〈まとめ〉
シンスプリントは疲労によるけが。なかなか練習を休めない学生や、部活などで運動を始めたばかりの子に多くみられる。
この子も練習をなかなか休めなかったので、軽い練習をしながら週2日治療を続けてもらった。
あとは自宅で出来るストレッチなども教え、なるべく疲労を溜めないようアドバイスをした。