帯状疱疹後神経痛の症例

●症例(1) 60代女性 Nさん

〈初診日〉平成19年1月27日
〈主訴〉両肩のこり~脇腹の痛み

帯状疱疹が左腹部~脇腹~背部にでき、1月16日に病院へ行った。
今は、帯状疱疹自体は良くなったが、神経痛が残る。

〈治療経過〉
〈1回目〉
治療後、左側腹部のマヒしてる感じが少し良くなった。

〈2回目〉
マヒはまだ残るが、左腰~側腹部が柔らかくなった。

〈3回目〉
側腹部のマヒが取れた。その為か、少し痛みを感じるようになってきた。
夜中寝ている時や風呂に入って血が巡る様になるとムズムズかゆくなる。
今までお腹の上に石が乗っかっているような硬い重い感じが取れてだいぶ気分も楽になった。

〈4回目〉
側腹部のマヒは無くなっている。
服が当たると痛く、寒いと硬くなり、温めるとかゆくなる。

〈7回目〉
左側腹部の痛いところがだいぶ狭くなってきた。朝方など冷える時に特に感じる。

〈8回目〉
左側腹部の痛みは何もしなければ何ともない。仕事などで疲れると夕方くらいから痛くなるが、以前あったキリッとするよ
うな痛みはなくなりジワーッとする感じ。

〈11回目〉
側腹部のかゆみは無くなったが、左背部の方にかゆみがある。痛みは無くなった。