蓄膿症の症例

●症例(1) 3歳男の子 Hくん

〈初診日〉平成23年6月11日
〈主訴〉蓄膿症

1ヶ月ほど前、病院にて診断。
鼻炎がずっとあり、薬(抗生剤など)を飲み続けていたので少し止めましょうと言われた。
黄緑色の鼻水がズルッと出ており、夜中に咳き込む。
保育園は2歳から通っていてその頃から鼻が出ていて、よく風邪も引くようになった。

〈治療経過〉
〈1回目〉
治療後、良く眠れた。ドロドロの鼻水が少しサラサラになった。

〈2回目〉
鼻水が透明になっり、少なくなってきた。

〈3回目〉
鼻水がだいぶ透明になってきた。夜中に1回起きていたが、それが無くなりぐっすり眠れるようになった。

〈4回目〉
また鼻水が黄色くなっている。疳の虫(かんのむし)があり、最近キーキー言っている。

〈7回目〉
鼻水はだんだん透明になってきた。昨日は少しドロッとしていたが、今日は大丈夫。

〈10回目〉
お盆前に蓄膿症状が出たが、自然と治った。