保険案内

鍼灸治療は、基本的には自由診療ですので保険は使用出ません。
しかし、各地域で多少違いはありますが、保険を使う事が出来ます。
宮崎県では、

  • 宮崎市の国民健康保険
  • 後期高齢者
  • 互助会
  • 医師の同意による保険治療
  • 交通事故による保険治療

に該当する方は、「補助券」や「保険」を使う事で、治療費を通常よりもお安くする事が出来ますので、以下にそちらの説明をしていきたいと思います。

「宮崎市の国民健康保険」の方

住所が「宮崎市」で、「国民健康保険」の方は、市役所または支所に行って頂くと「はり・きゅう・あんま施設利用者証」という券を発行して頂けます。
こちらの券は1回1,400円×60回分の補助券になります。
4月1日~3月31日まで1年間有効となっており、年度が替わるとまた新しく発行し直して頂きます。
※発行の際には保険証と印鑑が必要となります。

「後期高齢者」の方

上記と同様、市役所または支所にて発行して頂けます。
75 歳以上の後期高齢者の方が対象となっています。
こちらの券は年24回を限度として一律1,000円補助されます。
なお、一部の市においては追加助成制度があります。

「互助会」の方

宮崎県教職員互助会組合員の方は「針・灸・マッサージ等施術料補助券」の交付申請手続きをして頂くと、1回1,000円×6回分の補助券を発行して頂けます。
申請については、お勤め先または教職員互助会までお問い合わせください。

「医師の同意による保険治療」

一般の社会保険での治療は、療養費制度でのご利用となります。
(社保、共済、国保、後期高齢者など)
※75歳以上の方も、上記の助成制度とは別にご利用することができます。また、上記助成制度を併用できます。
※宮崎市民の国民健康保険の方も、上記の助成制度とは別にご利用することができます。また、上記助成制度を併用できます。

鍼灸治療でこの制度を利用する場合は、「医師の同意書」が必要になります。
こちらの用紙は、
1.神経痛
2.リウマチ
3.頚腕症候群
4.五十肩
5.腰痛症
6.頸椎捻挫後症候群
7.その他( )
という項目があり、このいづれかに該当する症状、もしくは類似疾患に限り保険の対象となります。
1~6疾患以外(例:胃痛や野球肘など)で書いて頂いた場合、適切でないと審査を通らない事があり、保険として適用されない事がありますのでご注意下さい。
1度書いて頂くと、3ヶ月間有効になっています。
3ヵ月経ってもまだ治療が必要な場合は、お医者様に口頭で同意の確認をとって頂き、了承が得らればそこからまた3ヶ月間継続する事が出来ます。
この書類は、当院に準備してありますが、以下をクリックしていただければ、ネットからも印刷できます。
この書類は、患者様ご自身のかかりつけ医師にご記入していただいて下さい。(医師がすべて記入します。)
その書類と被保険者証を、当院にご提出いただくことで、保険鍼灸治療のスタートとなります。

同意書の印刷はこちら

「交通事故による保険治療」

追突事故などによる「むちうち症」により、首や腰の痛みで整形外科などに通院される方がいらっしゃると思いますが、その場合に鍼灸でも保険治療を受けられます。
ご本人様と保険会社でお話をして頂き、保険会社に了承して頂ければ治療を受けられます。
書類などは、当治療院に保険会社から直接送って頂くようお願い致します。
詳しい内容は、お気軽にお問い合わせ下さい。

声を聞かせて下さい

わからない事がありましたら
お問い合わせフォームからお願い致します。
その他、当治療院へのご意見ご感想も承っております。
皆様の声を参考に、より良い治療院を目指したいと思っていますので、どんな事でも結構ですのでお気軽にご連絡頂けると幸いです。(匿名で結構です)

鍼灸師を募集しています